丸山リハビリテーション診療所 新潟漢方研究所

診療のご案内

診療風景
所長の診療風景。反応する経穴(ツボ)を探しています。

標榜科目

内科・リハビリテーション科

診察時間

午前9時〜12時 午後1時〜5時

休診日

土・日曜日、祝祭日、年末年始

完全予約制

電話でお申し込みください。
受診ご希望のご本人様から電話をいただき、診察の日時をご相談させていただきます。

診療内容

慢性疾患、生活習慣病、難病、麻痺や痛み、体調不良など。
診察時間は、初診時のみ2時間程かかります。2回目以降の診察時間は30分〜1時間となります。

●個人情報の取り扱いについて

当診療所では、患者様から頂いた個人情報は、診療に関わる事や保険請求に関すること以外には、使用いたしません。  その他の目的(学会発表等)で、個人情報を利用させて頂く場合は、予め患者様にご承諾を頂いたうえで実施いたします。

診療指針

西洋医学は、診断の面では分析的な考え方で多くの病気の成り立ちを明らかしてきました。治療においては救命救急とリハビリテーションという分野で優れている一方、多くの慢性疾患に対しては対症療法の域を脱していません。それに対して東洋医学は診断に体質分類の考え方が含まれており、治療にも体質改善の方法があり慢性疾患の治療に優れています。
当診療所では両方の医学を組み合わせて診断・治療を行います。具体的には西洋医学的診断ならびに証(東洋医学的体質分類)を診立て、不調和を招いた生活習慣を変えるよう、ご指導します。これには食事指導やリハビリテーションも含まれます。合わせて東洋医学的治療法である経絡治療・漢方生薬を提供し、必要な場合は西洋医学的な治療法を併用いたします。

カラー治療

経絡治療とは?

経絡とは古来からの中国医学(すなわち漢方医学)で提唱されている「気の流れの道筋」のことです。「気」とは現代医学ではその存在を証明されてはいませんが、生体を流れる生命エネルギーと考えられます。漢方では人体をめぐっている「気」「血」「水」の流れが滞ったところに病(やまい)が生じると考えられています。このうちの気の流れを整える治療法として、経絡上の経穴(ツボ)に作用する鍼灸などが行われてきました。それらは漢方生薬を内服する治療法とともに、漢方治療の大きな柱の一つです。当診療所では近年開発された経絡治療である加島式カラー治療を提供しています。

カラー治療とは?

愛媛県松山市在住の鍼灸師である加島春来氏によって開発されました。色のついた布の小片を経穴(ツボ)にテープで貼ります。症状・疾患に応じて、用いるカラーの種類が異なります。鍼灸など従来からある経絡治療に比べ、効果が高いと考え採用しています。施術の際に痛みを伴わないのも特徴の一つです。探索棒と呼ばれる、内部にカラー布が収められたペン型の金属性の棒を用いて必要なカラーを選択・ツボの選定を行います。
探索棒
当診療所で使用している探索棒

カラー
カラー布は多種にわたるためキャビネットに整理

カラー治療の詳しいことは下記のホームページをご覧ください。
国際色彩診断治療研究会 http://www.shikisai-chiryou.com/

(記:大澤)


このページの先頭へ戻る