以前の「丸山所長の今月のメッセージ」

2003年 2004年 2005年 2006年 2007年 2008年 2009年 2010年 2011年 2012年〜

2012年1月

  賀 春

 マヤ暦の終わりとか、先進諸国の経済不安とか、原発から噴出した放射性物質の、人や物資の移動による拡散とか…。追いつめられた為政者達は愚かさから狂気へと向かい、メディアは恐怖心を煽り視聴率や購売数を上げようとする。
 今年は混乱し、迷走の年となるだろう。
 賢さと愚かさの二極化が現実世界に顕れてくるだろう。

 

 しかと目を凝らそう。真偽を嗅ぎ分けよう。
 己が価値観を行動に生かそう。
 そして悠々と明るい未来への扉を開けようじゃないか。

(1月17日)

2012年7月

ある日、ある次元…対話

A→B
あなたは誰ですか? — 何者でもありません
あなたは何ですか? — 存在するものです
??? — 強いて言えば窓です
大いなる起源が、そこからすべてを
眺めようとする1つの窓です
でもあなたは人間ですよね ? はい、でもそれは
物質的分類でしかありません

B→A
では逆に質問します
あなたは自分をどんなものと思っていますか? — 難しい質問ですね。
その肉体ですか? そこから表現される本能ですか?
それとも、その喜怒哀楽の主座となっている感覚、感情ですか?
また、それとともに、あなたの行動指針となる思考パターンですか?
— その全部が自分だと思います。過去の有り方も含めて。
では、意識については自分だと認識していますか?
— 明滅するものなのでコントロールし難いし、自分らしさは
そこにあるかもしれないけれど、自分だと言い切れません。

 こんな対話の中で私が伝えたいこと、それは
ヒトは自分をどんなものと思っているかによって、自分を日々創り出している
ということ。だから自己認識は重要なのです。昨日と同じ自己イメージを繰り返しているだけでは、ヒトとしての成長は望めません。
 肉体も、感情も、考え方も、信念も、意識もすべて、あなたが使う道具なのです。うまく使いこなせるようになることを、ヒトとして進化、成長また発達したと言います。

 実は、個人の意識次元の上位にある魂(意識)も、あなたという本質、根源存在の反映であり、使いこなす道具なのです。
 あなたとは、究極の存在とは、創造への衝動、一瞬 一瞬のキラメキなのです。
 そのキラメキが、あなたの構成する道具としての複合体に、いかに浸透し、いかに調和のとれた統合された活動としてこの世界に顕現されているか?
 そこにヒトとして生まれてきた到達目標があります。

(今回のメッセージは当診療所スタッフ達の為に書きました。成長を願って…。)

(2012年7月19日)

2012年12月

今年も色々な事がありましたね。
社会というものは歴史的に眺めてみると、安定期と動乱期を繰り返しています。その都度、成熟に向けて変化していくものだと、私は捉えています。
現代日本社会は、まさに動乱、混乱の渦中にあります。あと2-3年ですかね。嘘と搾取が威張っていられるのも…。日本国民は、そんな愚かではない。今はただ、不安の中で自分のことで精一杯!という時期であると思う。そして、しばらくしたら1つ上の視点に立って、他者への配慮がいかに大切で、いかにパワーを持つものであるのか!に気付くでしょう。
地球人類の一人でも多くの人が幸福に、笑顔で過ごせますように
私は祈ります。12月31日23時45分から1月1日0時15分の間
私は祈ります。皆さんに、この思いが伝わりますように。

(2012年12月28日)

2013年1月 決意の活かし方

  賀 春

 年頭にあたり「今年こそは…」等々、決意されている方々が多くいらっしゃることと思います。
 私は各月の予定を立て、実行するよう心掛けます。
 予定はなるべく現実的に、しかも無理の無いように組み立てます。そして、人生の目標と照らし合わせながら短期(半年位)、中期(2〜3年位)、長期(5年位)のテーマ(現実化する為の重要事項)を決めていきます。ずーっと、そのようにして生きてきました。
 その結果、23歳で飲食店を持ち、28歳で家を買い、29歳で医学部入学をし、33歳で空手道公認四段を取りました。
 そして医者になってからは「普通じゃない」とか「医者を辞めたら?」とか言われながらも、自分の学びたいこと、身に付けたい技術、そして医療の理想的な在り方を追求できるような職場で働いて来ました。そして自分が良しとする医療を提供する為に50歳で開業しました。
 10年が過ぎようとしています。
 ようやく、私が私らしく生きる為のジャンプ台が出来上がりそうです。私の人生の目標は、とても壮大で尻込みしそうになる時もあります。でも「人生は一度しかない。自分の理想を追わずして、他に生きる意義は無い」と自分に言い聞かせるのです。
 だから現実化の基本となるのは、目標を持っているかどうかなのです。
 あなたは、自分の人生に何ものにも代えられない確固たる目標を持っていますか?

(2013年1月24日)

2013年5月 無意味

この1年、私のメモ帳からアトランダムに

(2013年5月16日)

2013年12月

 今年も色々な事がありましたね。皆さんにとって、どんな年だったでしょうか。
 私にとって最も薄気味悪くて「嫌だな…」と思ったのは、日本の国会で「特例秘密保護法」が成立したことです。国民には知られたくない事、つまり、防衛以前に原発事故後の健康被害や、アメリカとの裏取り引きやら、事実・真実を追及する人達をも規制するものとなり有る訳です。日本という国は、独裁政治(国民の意見は全面無視)へと向かいそうです。
 また、最も嬉しかった事は「プルーフ・オブ・ヘブン」(天国の証)という本が和訳で10月に出版されたことです。
 私は医者になって、蘇生した何人もの方から、異次元世界の話を聞き、共通項がある事に気付き、死後にどのような世界が待ち受けているのか、自分なりに理解していましたが、その考えを裏付けてくれるものとして、否定不可能な、素晴らしい医学的検証を含め、一般向けに読み易く書かれていました。
 そうだよね。やっぱりね。そんな思いで読破した本でした。

 さて、唯物論的資本主義の中にある、秘密主義や傲慢さ、不公平、搾取を最も嫌う私の一面と、spiritualな現象としての波動世界における意識エネルギーが存在の本質であると思っている私の一面と、共に強く励起された年でした。
 意識が世界を創ります。皆さんの意識がキラキラと輝ける実存を楽しめますように!
 良いお年をお迎え下さい。合掌。

(2013年12月30日)

2014年8月

暑中お見舞い

 暑い日が続いています。 8月は敗戦の月。
 長岡大空襲、広島・長崎の原爆投下から69回目の夏。鎮魂の願いから始まった長岡花火大会。私は8月2日に鑑賞させてもらった。中越地震から10年ということもあり、フェニックス(不死鳥)は10ヵ所からの打ち上げで、5分間で3000発という今までに無く見事な大輪が夜空を埋め尽くした。私は戦禍のみでなく世界中の、そして紀元前から繰り広げられている内紛や不条理な死、また天変地異により犠牲となってしまった不本意な死、それらすべての霊魂に慈愛の願いが届くよう祈りながら花火を見ていた。

 私達は決して忘れてはならない反省材料となる歴史・事実を疎かにしていないだろうか? 時が経つにつれて記憶や、その時の憤りや喜びなど薄らいでしまって良いのだろうか? 私にとって8月は例年、生命の尊さを再認識する月となっている。さらに近年は、異常気象の為に熱中症で亡くなる方や水難事故等の報道が多くなっている。何故、水を飲まないのだろうか? 何故、危険と思われるような事をするのだろうか? 「自分は災難など無縁だ」と思っているのだろうか? 日本には「明日は我が身」という素晴らしい戒めの言葉があるじゃないか!! ちなみに私は夏場は1日に約3Lの水を飲んでいる。
 ヒトは遺伝的肉体的寿命を全うする権利と義務を持っていると私は思う。人々は権利を主張するが、義務に関して確固とした認識を持っている人は仲々見かけない。ヒトという生物は社会性の枠の中で生きていく。親族や他者との関わりの経験から、自分なりの価値観を創り出していく。通常であれば、幾多の失敗などから考え方も含め、変遷を繰り返しながら成熟していく。そして老いていく。頭も身体も少しづつ衰えていくのだが「心」は成長し続けていく。カントが言ったではないか「哲学者は70才から…」と。だから私は、人は出来るだけ長生きをし、人生は有意義なのだと思えるだけの心を育てて欲しいと思う。そして、自分の健康管理や疾病を速やかに退散させる術を身に付けることは人としての義務であると認識して欲しい。
 生命の尊さとは、未来永劫に変わらない普遍的価値観であろう。
自分の生命を大切と思わない人は、人の生命の大切さも解らない。それは愚かさの典型である。
自分の生命は大切と思っても、人の生命を大切と思わない人は、人間ではない。魔の者である。
残念ながら、常軌を逸脱している混乱は、まだまだ収束しないようです。特に夏は解放的気分が昂揚し易すく、悪質な犯罪も増えそうです。確かに、国会も例外では無さそうです。
 水の飲み忘れに注意! 最低でも1日2Lを小分けに飲みましょう。
 危険な行動に注意! 足元の見えない所は歩かないように。

以上、暑中お見舞い申し上げます。

(2014年8月7日)

2014年12月 年の瀬

 今年もあと1日で終わります。振り返ってみると、日本だけでなく地球上のいたるところで混乱が激化しています。
 日本の現政権の横暴さ、福島(だけに限りませんが…)の子供達の甲状腺癌発症に対する御用学者達の嘘。この国では国民を守ろう!幸福になって欲しいという思いが仲々見えてこない。
 私達はとんでもない時代に居る。落ちる所まで落ちて、初めて方向転換が起こるということは、歴史の宿命なのかもしれない。世情が揺らいでいる時こそ、一人ひとりの価値観や信念体系が生き様の拠り所となる。しっかりしなくちゃ!諦めてはいけない!

 私は人類の集合意識は、賢く未来に向かっていると思っている。
では、よいお年をお迎え下さい。

(2014年12月30日)

2015年2月

迎春

節分が過ぎてから、新潟は冬本番の感があります。また、心が寒くなるような事柄も多発しています。
私達の住む、この世界は何処へ向かっているのでしょう? 人間は果たして進化しているのでしょうか?
情報社会には、混乱や不安を煽る落とし穴が沢山あります。情報と自身との関係性をしっかり確認し、適切に処理することが肝要です。

(2015年2月10日)

2015年12月

 この一年、皆さんにとってどんな意味がありましたか?
今年は診療所開設から13年目でした。厄年だったのか? 3月頃から尋常でない出来事が続き、多忙な日々を送っています。
私のメッセージを心待ちにされている方が居るならば、ゴメンナサイ!です。
どん底に落ちたとしたら、あとは昇るしかない。
そんな思いで来年を迎えようとしています。
    では、よいお年を!!

(2015年12月30日)

2016年2月

立春

今朝から青空と久し振りの陽射しが、心を暖めてくれる。
1月は異常気象で雪に翻弄された地域があり、今後は地球温暖化(海水温上昇)により生じる様々な現象に前もって対策を進めて行く必要がある。
元来、地球は幾多の様相を呈し、変遷していくものだ。現在は氷河期の終わりに向かっている時代である。生物を主眼とすれば、現在は昆虫期(最も繁栄している種を代表とする)であると言われている。
果たして、この太陽系第3惑星に知的生命体である我々人類が真に繁栄し「人類期」と呼ばれる時代が訪れるのであろうか?

(2016年2月2日)

2016年7月

当診療所のOA機器で、以前から外部接続のサーバーの不具合いが時々ありましたが、先月とうとう起動しなくなりました。すぐに新しいサーバーを購入し対応しましたが、メールが開けない、またURLで画像が見れない等々の状態が続き、皆様にはご心配をお掛けしたことと思います。現在は新しいサーバーで完全復旧しましたので、支障なくご利用頂けると思います。

入梅頃から感冒性胃腸炎と思われる症状の方が増えています。冬場でなくとも手洗い、うがいを励行しましょう。

(2016年7月5日)

2017年12月

‘17.年の瀬に

 今年も何かと多忙な一年でした。振り返ってみると、‘15年3月から厄介な問題が次から次へと起こり…。業務上、最も信頼していたスタッフが他界されたり、身内の病気発症やら愛犬の闘病と死やらと心休まることなく日々が過ぎて行きました。
 気付けば私は65歳!「介護保険被保険者証」が先月届きました。この3年で10歳位老け込んだような気がします。ホームページの顔写真を挿し替えないといけないかな?
 でも気持ちは若いままで向上心は保たれています。来年はきっと谷底から山頂に向かって歩むペースが早まると思っています。メッセージが滞っており、心配されている方々がいらっしゃるようですが、少しづつ復活させて行きますので、長い目で見ていて下さい。たとえば…。
 北朝鮮の恐喝や日本政府の強権的政策など、不隠な混乱はまだしばらく続くと思われますが、悪しき者達の台頭は破滅をもたらします。有史以降の歴史は示唆しています。創造の前には破壊が必要であることを。私達は時代の分水嶺に立っています。どちらにコケるのか?一人ひとりの思慮深さが重要な時期が迫っています。そして私達は一人ひとりが新しい世界を創造する荷い手であることを誇りに思えるような変化の兆しも現れて来ています。
 意気揚々と新年を迎えよう

(2017年12月29日)

2018年2月

‘17のメモ帳から

 地球と人類のすべての事実を知ったら、ヒトはどう反応するのだろう?
   ある男:そんなこと関係ねえよ。作業の邪魔だ。あっちに行けよ。
   日本の女子高生:へえー そーなん。で? うちらがやれることないじゃん。

 どーしたら地球人類に平和がもたらされるのだろう?
 まず、宗教をなくし、倫理哲学を共有すること。そして、全ての子供達が同じ教育を受けられるシステムを作り、自然科学、特にこの宇宙と生命体の成り立ちを理解してもらうこと。それと共に、子供達の好奇心や自由な発想を尊重すること。
 経済については自由競争の要素を残しつつ、マネーゲームは禁止とし、個人所得の上限を設定すること。従って株の所有は1年間の保有を義務とする必要がある。
 国境をなくし、文化圏での自治とし、互いの慣習の差異を多様性の学びと位置付ける。
 そして上水道、下水道を完備。住居の確保。食糧の充足。SNSを利用した教育システムは、やはり共通言語として英語で統一する。そして医療は、すべての分野で公平に提供されるのだ。
 これらを実現するには莫大な費用がかかるが、現在、世界中で浪費されている軍事費をすべて、この新地球世界づくりに投入すれば、恐らく10年位で実現可能だろう。

(2018年2月21日)


このページの先頭へ戻る